長崎の温泉といえばココ!長崎の温泉ランキング

長崎県とはどんなところ?

長崎県は、九州地方の北西端に位置する県です。県庁所在地は長崎市となっています。その面積は約4130平方キロメートルで、人口は約134万人です。人口は近年は減少の傾向が続いていて、女性を中心に高齢化が進んでいる地域です。リアス式海岸の海岸線が入り組んでいて、海岸線の長さは4137キロメートルあり、47都道府県の中で北海道に次いで、第2位と言われています。

ランキング一位:雲仙温泉

雲仙温泉のエリアは、日本初の国立公園で、九州の軽井沢と言われて親しまれています。戦前には外国人が避暑に利用した硫黄臭漂う温泉リゾート地です。昔から地元の人が楽しんでいた古湯と、外国人が利用していた新湯からなっています。

ランキング二位:小浜温泉

小浜温泉は、約30箇所の源泉から豊富な熱湯が湧き、至る所から湯気が立ち上る温泉です。713年に「肥前風土記」にも記載された古湯です。日本一長い足湯の「ほっとふっと105」というスポットも人気となっています。

ランキング三位:島原温泉

島原温泉は雲仙・普賢岳などが臨める景勝地となっていて、島原半島沿いに温泉が湧き出しています。そのお湯は、さらりとした感触で、肌に優しいです。多数の宿では、趣のある露天風呂が楽しめます。また、公共浴場の「島原温泉 ゆとろぎの湯」や24時間利用できる「足湯」もあります。

ランキング四位:小地獄温泉

小地獄温泉は、ポコポコと湯気をあげる地獄があちこちにみられ、独特の風景が広がる温泉郷です。小地獄温泉の特徴は、乳白色の色の湯が豊富に湧くことで有名です。数件の民家や立ち寄り温泉館などがあります。

バイザポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です